お問い合わせはこちらから!

相手を動かす【5つの基本戦術】

2 min 580 views

名古屋市でプライベートレッスンをやってる
YourCoachのおぐりです。
今日は、5つの基本戦術相手を動かすについてお話していきます。

おぐりコーチ

おぐりコーチ

5つの基本戦術とは、
テニスの試合を勝っていく為には当たり前にやれるようにならないといけない戦術です。
戦術と言ってもやる事は単純で、意識してやる事は小学生からでも出来る事です。
またシングルス、ダブルスや女子ダブルスなど全ての人に当てはまる事です

2 相手を動かす

前回記事のしつこくラリーをするが両者共に出来てくると1ポイントが長くなります。
そのまま体力勝負!とかやっていたら1日3試合とかあるトーナメントを勝ち残っていくのは難しいです。

ではどうやって早くポイントを取るかと言うと相手を動かしオープンコートを作って攻めるということです。

そもそもオープンコートとは?

相手がコート端に居た場合の反対サイド?いいえ、全然違います。
オープンコートとは、時間的に返球出来ないコートの事を言います。

コート端に居たとしても反対サイドのボールを返球出来る状態であれば
視覚的に空いていたとしてもオープンコートとは言えません。

オープンコートの作り方

オープンコートを作ろうとするとサイドラインを狙ってオープンコートを作ろうとする人がいます。
確かに安定してコートに入るのであれば問題ないと思いますが
相手もわざわざサイドに打ちやすいボールは打ってくれない為安定して入れるのは難しいです。

ではどうやってオープンコートを作るのかと言うと相手の時間を奪ということです。

そもそも現代テニスではコースの比重がそこまで大きくなく、
相手と自分の時間のコントロールが重要になってきています。

相手にボールが到達するのが早ければボールの所まで走る時間も短くなり
結果的に時間的に返球出来ない、出来ても難しいコートが出てきます。

相手の時間の奪い方

相手の時間を奪えそうなアイディアを出してみます。

  • ボールのスピードを上げる
  • コートの隅に打つ(次の返球までの時間が足りなくなる)
  • ライジングやボレーでテンポを上げる

テンポを上げる以外の2つは相手が格下の場合や自分に相当余裕がある場合に限ります。
体格差、技術差など人によってはやれない又は、やっても意味がない事があります。

テンポを上げるについては、テニスの技術で時間を奪うではなく、
タイミングで奪っているのでそこまでの技術レベルが必要ありません。
小学生でも普通に使われている技術レベルになります。

しかもタイミングを上げるためにコートの内側で打つことによって
左右への打てる幅を大きくすることが出来ます。

打てる幅の拡大、時間を奪うの2点が非常に強力で
現代テニスの特徴でもあると思います。

『5つの基本戦術 しつこくラリーをする』をお互いが出来れば
そこに相手にミスをさせる技術が必要になってきます。

反省

自分の打っている場所と狙ったコースが安全であったかを確認しましょう。
『5つの基本戦術 しつこくラリーをする』が出来て初めてやれる戦術です。
そこを忘れないで出来ていたか確認しましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です